二百十日、小庭のぼやき

         (この積(乱)雲が去らないと、秋の空は・・・)
画像

新宿御苑の年間パスポート券を持っていながら、とうとう8月は行かずじまいに。
とにもかくにも、8月は子どもの肺炎と猛暑に始まって、そして終わった。

         (代々木の某宗教団体会員が育てたゼフィランサス)
画像

緊急搬送されてから3週間、
朝8時から夜8時まで付き添い看護をしながら、
戸外の猛暑を忘れてしまう26℃の快適な病室で、若い女性スタッフ(二人の担当医や色んな出身地の看護師)のみとお話を交わし、合間に12冊も本を読むことができた。 

         (明治神宮近くの秘密の花壇で見つけたトレニア)
画像

しかし、往復3時間かかる通院のストレスや、病院の食堂メニューにも飽きがきてしまい、さすがに最後は疲れが表に出た。 

退院した後2~3日、自宅でごろごろしてようやく復調。
そしたら、処暑も立秋もそして二百十日もその気配さえ感じないまま、8月が終わってしまった。

         (紫のトレニア、独特な形をした花弁は4枚?、5枚?)
画像

とにかく暑かった。
北極海の氷が、観測が始まって以来最小の面積にまで減ったという。さもありなん!
温暖化が進み、東京の夏は人が住む環境ではなくなっている。

         (植え替えした小庭のキャラボク)
画像

あすから9月。この1週間でやや運気が良い方向に向いてきている。
3つ良い兆候があった。
1つ目は、良いタイミングで、安行の植木屋さんが手ごろな大きさのキャラボクを
届けてくれたこと。
前のキャラボクが日当たりが悪くて枯れたのなら、また同じ繰り返しになるが、・・・

         (30年保管してあった保険証書)
画像

2つ目は、生命保険の満期の通知が来て、満期保険金請求が受理されたこと。
すぐにマイカー購入代金として右から左に消えていってしまうが、・・・

3つ目は、出入りの工務店に依頼していた耐震補強とリフォーム工事の見積りが、心積もりの額に収まっていたこと。
工事が始まると、1月半不自由な生活を余儀なくされるが、・・・

         (育爺のお迎えの道すがら、明治神宮の北参道)
画像

お母さんから学校が始まったと連絡があった。育爺の送り迎えもまた忙しくなる。
めげず、くさらず、へこたれず。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック