新しい年を迎えて

     (元旦の暁光、6時27分頃)
画像

三浦しをんの「風が強く吹いている」を返却しに外へ出た。
この10日間、目にすることのなかった黒づくめ風体の集団が、
ぞろぞろと街なかを行軍している。
そうか、今日から仕事始め、人々が動き出すのか・・・

     (12月中旬の庭、落ち葉が侘しい)
画像

去年は悲しいことが多かった。
だから、門や玄関に門松や注連飾りをせず、静かな正月だ。

     (これから冬本番、ポリ袋かけてしっかり防寒)
画像

それで気がついたのだが、他の家も、入口は意外とあっさりしている。
左右一対の松飾りは変わらないものの、注連飾りを飾っている家が少ない。
洋風のドアが普及して、クリスマスのリース風の輪飾りが主流なのか。

     (去年の良い方の十大ニュース、しょう君なお君のお絵かき)
画像

松の内を過ぎると、長く大きな注連飾りには、
柚子(プラ製)や海老(石膏製?)などが付いていて処分に困る。
神社でも、ごみの分別が常識となって、お焚き上げの条件が厳しい。
2週間そこそこでごみになるなら、環境負荷に配慮して飾らない方が良い。
そう考える家が増えたのだろうか。時代が変化しているなあ。

     (去年の良い方の十大ニュース、遠い異国のやんちゃ盛り)
画像

さて小庭師、無職5年目を迎え、とにかく食うものが旨い。
40年変化することのなかった胴回りが、2cmはサイズアップ。
えいっ面倒、食って食って肥りまくるか。
朝寝・朝酒・朝湯は願ってもない。

     (同上、ハクビシンの襲来を恐れず、今年も番のメジロ)
画像

でも、一極集中による地方消滅の危機、
教育・雇用・結婚・財産・将来への希望、すべてで拡大する格差、
この道しかないと盲進するアベノミクス・アベノイズム、・・・
我関せずと傍観していいのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック