滝お遍路七番八番、九頭龍の滝、旧雨乞いの滝

     (今日の目的地、解説では九頭龍の滝は二段構成)
画像

正月休みとのろのろスタートで、育爺いのお呼びはなし。
ちょうど晴天、たまには澄み切った空を眺めてこようと、
道路の凍結が心配で中断していた滝遍路を再開。

     (青い空と数馬の里の兜家旅館)
画像

中央高速を八王子で下り、サマーランド前を経由して、檜原街道を行く。
檜原村役場の先、橘橋のT字路を(いつもは右折だが)左折して、
久しぶりに南秋川方面、数馬の「九頭龍の滝」を目指す。

     (九頭龍の滝標識)
画像

檜原街道沿いにある滝なので、路肩に駐車して、
「九頭龍の滝」の標識脇の小道を降りていくだけ。
地図で見る限りでは、ハチザス沢が三頭沢(南秋川)と落ち合う場所で、
一見すると、3段構成で全体の落差は10mくらい。

     (九頭龍の滝、上段は凍結2割弱、水が澄んで美しい)
画像

青々とした滝壺に落ち込む一段目の滝は、落差が6mくらい。
この時期なのに水量が多く、躍動感がある。

     (九頭龍の滝、独り占めで満喫できるのは良いが寒い!)
画像

パワースポットといえば、神社仏閣が挙げられるが、
滔々として水を吹き出す滝にこそ、
生命の活力や水の霊力が実感できるはず。

     (九頭龍の滝が白龍に見えてくるから不思議!)
画像

2段目、3段目に目を移していくと、
青龍ならぬ白龍が流れ下っていくような錯覚にとらわれる。
氷結した岩肌が、ちょうど龍の鋭く尖った足や鱗に見えてくる。

     (九頭龍神社にお参り)
画像

最後に「九頭龍神社」にお参りして、今年の安寧を祈る。

     (勝手に解釈、旧雨乞いの滝の痕跡?)
画像

帰りがけ、南秋川にも北秋川と同じ「雨乞いの滝」があるというので寄り道。
数馬のバス停(西東京バスの折返し所)の次のバス停、
松坂屋商店の脇の林道に入る。

     (微かだが「旧雨乞いの滝」と書いてあるが・・・)
画像

500mほど笹尾根に向かって走らせると、
ちょうど槙寄山(まきよせ山)と数馬峠への分岐点に、
古い看板があって、微かではあるが「旧雨乞いの滝」とある。

     (博学が環境分野を俯瞰して噛み砕いた不朽の啓蒙書!)
画像

しかし、林道・治山工事で爆破?されたのか、滝は見つけられなかった。
地元の人に尋ねれば良いのだが、人家はあるものの人気がない。
それらしき小さな滝?を見つけて撮影、今度調べてみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック