(続)柴犬と暮らして(生後8か月)

   (南面の6畳間で自由気ままに暮らしているのに・・・) とうとうこの日が来てしまった。 男の子として生まれてきたのに、♂と別れる手術をさせられる。 朝から餌も水ももらえずに、精根尽きてしまったぞ。    (心配そうな表情がありあり、クリニック待合室で) 「大都会の住宅地で、愛玩犬として生きていくためには仕方がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more