中山道膝栗毛、初日は足馴らし

     (一昨年同様に、左足首が腫れて靴が履けなくなる) 予(小庭師)も、いづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、 漂泊の思ひやまず云々、はて有名な俳諧紀行にあったかな?      (橋の袂には日本国道路元標、背景は日本橋三越本店) それはともかく、先ずは中山道の第一歩を踏み出そう。 冬日和を幸いに、空身で東京駅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村の滝 ベスト20

勝手に滝遍路の結願を年末に宣言してしまったが、 ブログを振り返ってみたら、とんでもない欠落があった!  1回目に取り上げたと思い込んでいた「払沢の滝」が、 直後に母が亡くなってアップしていなかった。 今思えば、まったく余裕がなかったよな。 それと、落石の危険があるために現在は通行止めになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村の滝遍路、手前勝手に結願成就

     (滝見は水が澄む冬が良い、八割沢の滝の下段部) 実は、先月末に、今年最後の滝遍路と称して、 檜原村の最奥部、北秋川上流の藤原・倉掛周辺まで 足を延ばしてみた。 結果は無惨。目指す4本の滝はことごとく失敗で、 ブログにも書けなかった。      (4年前の滝の写真が見つからないので、通行止めの標識) 檜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花貫渓谷の紅葉と袋田の滝へ

     (花貫渓谷の駐車場の傍にカエデの巨木) 先週、檜原村で紅葉狩りを楽しんだのに、 またしつこく、今年最後の紅葉狩りと称して大子町まで。 朝7時30分自宅を出発。 先ずは常磐道を高萩ICで出て、花貫渓谷へ。 専用駐車場から観光バスの団体客と一緒になって、 渓谷の紅葉を眺めながら、汐見滝の吊り橋を目指す。 ぞろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分は紅葉狩り半分、滝巡り半分

     (山肌の濃淡に欠かせぬ赤は山もみじ、ハゼノキ?) 1月以来、久しぶりに檜原街道の南秋川渓谷沿いをドライブ。 雨上がりだったこともあり、 紅葉した渓谷の樹々が陽射しを浴びて輝いている。 地元八王子ナンバーだけでなく、 品川・横浜・所沢など近県ナンバーも目に付く。 絶妙なシャッターチャンスを捉えようと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋が駆け抜け、冬が来た

     (昭和記念公園の原っぱの大ケヤキ、開園直後で人がいない!) 一週間前が立冬だから、暦の上ではもう冬なんだろう。 だが、10月初めにやっと秋の気配が感じられたと思ったら、 紅葉を楽しむ間もなく、北から木枯し小僧。(11月9日)      (今年はまあまあか、日本庭園のいろはもみじ) 今年もまた中禅寺湖や袋田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 終点下諏訪は新たな出発点

     (ひとり無人の青柳駅に降りて、甲州街道膝栗毛の総仕上げに向かう) 1月から始めた甲州街道膝栗毛も8月が終わろうとしている。 今回で15回目、延べにすると17日目。 寄り道の4回を含めたら、まさに呆れるほどのマイペースで、 マイウェイを漂い歩いている。       (宿場の面影を残す家並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛、今日は蔦木宿(信濃境駅)から金沢宿(青柳駅)まで

     (蔦木宿の本陣大阪屋源右衛門跡に復元された表門) 甲府発松本行きの中央本線各停列車には、 優に20kgを超すようなリュックを脇に置いている山男・山女が目立つ。 しかも、大学や高校のワンゲル部らしきグループを除けば、 小庭師よりも年長の単独行ばかり。 膝の痛みや手足の浮腫みが不安で、登山を諦めている身には、 ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝から不愉快な事ばかり

     (9日、ついに40℃、地球最後の日が近い?) 今朝もウォーミングアップをすませて、育児爺いボラへ出発。 家を出たまでは良かったが、・・・      (10日、残り1個となった山梨市藤巻農園さんの白鳳に舌鼓) おいおい、よろよろ自転車漕いで危ないなあ、女子高生、いや中学生か。 片手ハンドルの上に前も見ないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 蔦木宿から台ケ原宿へ逆戻り

     (標高922mの信濃境駅、スイカの自動精算機がない!) 猛暑の中を歩くのは前回で懲り懲り。  でも、梅雨明け前にひと駅でも先の宿場へ進もうと、5時に起床し、 スーパーあずさ1号(新宿駅7:00発)に乗り込む。 むむっ、早朝から何でこんなに人がいっぱい! 夏休みだから? 自由席の4・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 韮崎宿から白州町台ケ原宿まで

     (八ヶ岳泥流が堆積した台地を釜無川が侵食してできた崖「七里岩」、       その上には武田勝頼勢の最後の砦「新府城」址) ほぼ一月半ぶりの甲州路膝栗毛。 先月5日に梅雨入りした後、 急な育児爺いや、新たな送迎依頼が舞い込んで、 二日間連続した休みがとれなかった。     (中央本線穴山駅近くの神武?天皇の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水元公園の花菖蒲、満開の満開

     (涼亭近くの落羽松の森(メタセコイアの森?)は生き生き) いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)、 でなくて、花菖蒲はどこが見頃だろうか?      (東葛西周辺の村々を潤す水源となった溜池だから「水元小合溜」) 花菖蒲は、梅雨の合間の晴れた日が狙い目! 自宅からは30kmと遠くて不便だが、 さらりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 甲府盆地を横断

     (樹齢百年のぶどうの樹、枝葉は30坪を超えて広がる) 寄り道ばかりしていないで、初志貫徹! 今回は、勝沼宿~甲府柳町~韮崎宿の七里(28km)を踏破。      (郵便局舎そして旧田中銀行社屋に使われた国登録有形文化財) 勝沼ぶどう鄕駅から韮崎駅まで、 ちょうど甲府盆地を東西に渡り切るかたち。 実感とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 寄り道その4 信玄ゆかりの恵林寺

     (鶴瀬宿から再スタート、左は駒飼宿を経て笹子峠) 大事なSDカードをビックリカメラ店に置き忘れる大チョンボから1か月。 その心の傷もようやく癒えてきた感じ。 と言うより、赤瀬川原平の老人力(物忘れ力)がついたからか。  ほぼ2か月近くのブランクで、萎えた脚力が心配だが、 いつまでも家で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ごみ」それとも「ゴミ」? 外来語なのか?

     (縁が欠けたごみ箱の蓋、捨てるのは忍びない・・・) 戸外に置いてあるごみ箱の蓋が割れていて、 雨水が入り込んでしまう。 円形の蓋の縁がほとんど欠け落ちている状態で、 補修してみたが、あまり効果は期待できない。      (今年は鳥に啄まれずに熟しているので、明朝は食卓に) ホームセンターや雑貨店をあちこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜を追った旅の果てに

     (旅行中の1週間で、えも言われぬ香りを漂わせて色鮮やかに満開) 2週間前、東北を1週間旅した。 ①桜前線を追っかけながら、併せて、 ②明治期に「日本奥地紀行」を著した冒険家イザベラ・バードの足跡を辿りつつ、 なおかつ、③三回忌の法要をするために、 1400kmのロング・ドライブを果敢に遂行した。 {%表情がお~d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度が始まった。新一年生に負けず、心機一転

     (ただ酒が飲めると、例会は遠出して、キリン生麦工場まで) 桜は100%の満開、入社式や新人向けオリエンテーションも一段落。 今日は入学式で、黄色い(帽子の)新一年生の愛らしい姿が目立っていた。      (大麦から麦汁を絞り、煮沸等の仕込みを経て美味しい一番搾り) 新年度が始まり、まちには活気が溢れているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 その10 笹子峠越え

     (ひっそり小山田信茂の首塚、甲斐善光寺で斬首されここに葬られる) 午前7時40分に自宅出発。 新宿・高尾の乗り継ぎが良く、10時には初狩駅に到着。 用便を済ませて、10時10分から歩き出す。 今日は、初狩宿から笹子峠越えで駒飼宿まで。 笹子の峠道までは、ほぼ現在の甲州街道を辿るだけなので、 放映中のNHK「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 その9 大月宿

     (9日目、やっと日本橋から100km到達!) 快晴・乾燥の天気予報を見て、家を出る。 午前10時30分、鳥沢駅から再スタート。 今日は、鳥沢宿から猿橋・大月を経て初狩宿まで行ければ良し。 前回の寄り道で、三奇橋の猿橋や岩殿城跡を見ているので、 ひたすら距離を稼ぐだけ。      (独自のアーチを描く猿橋の3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 武田三名城「岩殿山」と日本三奇橋「猿橋」へ寄り道

     (武田信玄の三名城の一つ岩殿城、胴鎧のような円礫岩の断崖絶壁) 偶然出会わせた育爺いボランティアの大先輩FさんとE君に見送られ、 今日は、気晴らしの甲州道中、寄り道その3「岩殿城跡と猿橋」見物。 このところ良く利用する新宿駅8時54分発の特急「高尾山口」行きに乗車、 高尾で乗り換えて、JR中央線の大月駅を目指す。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more