甲州街道膝栗毛 その8上野原宿から鳥沢宿まで

     (上野原宿までで74km。マイウェイ、すべて心の決めたままに) 江戸時代、五街道の旅では、1日に男で30km(8里)、女で20km(6里)前後は歩いたらしい。 たしか上野原の国道で、道標に「日本橋から74km」となっていた。 すると、小庭師のペースは1日10km前後となる。 それに比べて、昔の旅人は何て足腰が頑丈な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 その7相模湖から上野原まで

     (与瀬神社も慈眼寺も、この中央道跨道橋の先にある) 前回宿泊予定していながら到達できなかった上野原宿を目指す。 今朝は、また左足膝が「こん畜生」で、 無理して歩きだしたら、親指を除く左足指4本がひきつったような違和感。 初台駅から相模湖駅までの車中で、色々揉んだり伸ばしたり叩いたり。      (与瀬の跨道橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 その6小仏峠越え

     (前回小休止した小仏関跡にサンシュユ、紅白の梅が満開) E君をお見送りした足で、そのまま新宿駅へ。 最初の難所、小仏峠越えをしようと家を出た。      (鉄道ファン絶好のポイント多し、木下沢橋近くの中央本線) ところがどっこい、学校に爆破予告メールが送られてきたとかで、 学校と保護者間の連絡対応に時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほのかな春の予感

     (外気の寒さにめげぬスタミナ、小庭のヒヤシンス) 草が芽ばえるときの、湿り気を含んだ土から沸き立つ匂い。 どこか懐かしく、心が蠢いてくるような匂いが春の風。      (こちらも、色づきが良くなったプランターのパンジー) そこまではいかないが、今日の風は、微かに春を感じさせる。       (2階の窓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 その5八王子から高尾まで

     (Hくんは積み木よりおんぶ、それよりiPad!!) Hくんを預かることになったので、急遽デパートに行って積み木を買ってきた。 手裏剣戦隊ニンニンジャー(これからは動物戦隊ジュウオウジャー)は、 積み木より「おんぶ」が気に入ってしまった。 変形性関節症のウルトラマンは、3分間しかおんぶができないのに際限がない。 楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山へ山登り

     (真言宗智山派の関東三大本山の一つ、高尾山薬王院の入口) 日本海側に住む人たちには申し訳ないような澄んだ青空。 でもイマイチ甲州街道を行軍するほど気力が充実しないので、 高尾山までドライブ。 9時に家を出て、中央高速がスムーズに走れたので、10時には高尾山口に到着。 薬王院駐車場に祈祷料の500円をお納めして、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道 膝栗毛 その4

     (立春の快晴、日野市本陣の表門に咲いていた紅梅) 9時30分、京王線の分倍河原駅を出発。 右の股関節が相変わらず「痛っ、ではなくこん畜生」だが、 やり始めた以上、何としてでも八王子宿まで行こう。 日本橋から約45km。 車でよく通過する国道20号をてくてく、てくてく、てくてく。 国立市に入ったあたりから冷え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道 膝栗毛その3

     (陸軍調布飛行場近く、白糸台に設置された戦闘機飛燕の掩体壕) ようやく、腹筋、腕立て、開脚交互屈伸、四股踏みを それぞれ10回ずつできるようになった。 まあ、ゆっくり、力を入れず、形だけの動きだが、今は満足しよう。      (掩体壕の図解、大人でも首を竦める粗末なシェルター) で、前回リタイア?した国領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道膝栗毛 高幡不動へ寄り道

     (修験道の行者が吹く法螺貝の音が青空に響く) 天気予報は晴れマークが全開。 甲州街道を歩いても家に籠っていても、両足の付け根はやっぱり疼く。 結論から言えば、神経が圧迫されたか、血行が不良になったかと言う事。 細胞レベルで見れば、細胞に水気がなくなり、老廃物が溜まって、 その集合体である骨や腱や靭帯や筋肉や血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道 膝栗毛その2

     (「水神」に続く大作、読み応えがあって満足) 「千里の道も一歩より」だぞ。 足がだるくて歩きたくないでは、 またいつもの計画倒れに終わってしまう。      (E君の文化祭へ、小庭師の孫悟空より断然上手い) 関東山地に囲まれて、東京だけが晴天。 この僥倖を活かそうと、とにかく家を出る。 京王線の上北沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲州街道 膝栗毛その1

     (伊勢丹新宿店が聳える、ここは新宿三丁目交差点) 関節炎の発症からちょうど2か月。 医者は、痛くても我慢して、しっかりリハビリするだけと、単純明快な回答。      (交差点には、甲州街道と青梅街道の追分であったことを示す道標) で、日がな一日する事がないので、 新宿御苑でも歩いてこようかと、追分の交差点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村の滝遍路 その11「陸軍滝」と12「いぼ石の滝」

     (挑戦する小庭師、疲労の色も若干?) 流れ落ちる水は、命そのもの。 見事な滝に出会うと、霊力が満ちているような感覚にとらわれる。 流行りの「パワースポット」ってやつだ。 すっかり萎えてしまった脚力のリハビリを兼ねて、滝遍路を再開。 育爺い専念で中断しては再開、また冬期休業しては再開、 そして関節炎で休養して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ5周年、これで一応卒業

     (Kくんの笑顔が今年一番の宝物) いやあ参った、参ったあ! とうとう発症28日目になってしまった。 先月18日の旅行出発日の朝に左膝を捻ってしまったが、 旅行中、100円傘を杖替わりにして、痛みをかばって強行軍。 それが祟ったのだろうか、 帰宅後、左足膝→右股関節→左足首の順に関節炎?になってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲・石見・長門を廻るドライブ

     (念願の出雲大社、発掘された巨大御柱と御神殿想像図) 旅立ちの朝に左足膝と右股関節に痛みがあり、 旅行中は、500円傘を杖がわりに我慢して歩いた。 古傘は最終日に骨が外れて曲がってしまったが、よく耐えてくれた。      (いろはもみじに彩られた石段の先、静寂の森に鰐淵寺) 帰宅後は2~3日静養すればおさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山後楽園と足立美術館

     (誰もいないので、岡山城主池田綱政を気取って大満足) 先月「桂離宮」を拝観して、日本庭園美の極致を見せつけられた。 もうこれ以上の庭園探しは、する価値がなくなってしまったと、 半ば安心感、半ば喪失感につかって腑抜け状態。       (足立美術館の主庭「枯山水庭」、背後の山は勝山) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の桂離宮

     (夕焼けに染まる大原の里のコスモス畑) 立て続けに京都巡り。今回は3泊4日。 天気予報を信じて、1~2日は荒れ模様と踏んで、 防水・防寒の準備をして行ったのに、夜中に1回降っただけ。 逆に、ポカ陽気の快晴で、替えのシャツがない。 出発した時のスウェットシャツのまま東京に戻ってきた。 これがホントの着た切り雀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝お遍路を再開、九番「三頭大滝」と十番「夢の滝」

     (奥多摩周遊道路の旧料金所、近くに兜造りの宿も) 去年暮れに、道路凍結が心配なので中断していた滝遍路を再開。 10か月ぶりとなるので、今日は様子見をかねて、 一番楽で安全な「都民の森」にある三頭大滝へ。      (990mの生藤山ほか、笹尾根の眺望) 自宅から中央高速を利用して2時間、約80kmの道のり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

澤田瞳子の文学世界をちょっと見

     (天皇皇后と外国元首が通る御所正門の建礼門) 澄んだ青空とうろこ雲、とうに暦は10月。 まる2か月、ブログの画面から遠ざかっていた。      (平等院ミュージアム鳳翔館も圧巻) 9月は本当に色々あって、まさに「長月」だった感じ。 東京五輪のエンブレム撤回に始まり、 中国経済の減速不安による株価急落、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠野や鳴子鬼首を旅している間に・・・

     (26日、とうとう記録破りの39℃) 一周忌の墓参りにかこつけて、 福島・宮城・岩手・秋田を6日間ドライブしてきたのは前回のとおり。 気分よく帰ってこれたのはよかったが、 この1週間の東京の猛暑にはうんざり!      (旧橋は「銀河鉄道の夜」のモチーフとなっためがね橋) これだったら、東北三大祭りを追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津藩鶴ヶ城と御薬園

     (小庭師の家の墓、ここで楽しく土や雲に帰ろう) 墓参りにかこつけて、福島~宮城~岩手~秋田へ、 6日間、1,600kmのドライブを敢行。 ほとんど車庫に眠ったままなのに、 トヨタカローラ店のSさんから半年ごとに定期検査を催促される。 「車両を整備するためだけに、車両を整備工場まで走らせる?」 この難解な疑問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more