テーマ:猛暑

日々雑感 異常気象

(昨日のマユハケオモト、花期が長くまだ色鮮やか) 母方の最年長の従兄弟が89歳で死んだので、最年少組の従兄弟として、秋田まで行って手を合わせてきた。 (三日前の眉刷毛万年青、名前の由来は葉それとも花から?) 秋田新幹線こまちを使って5時間、随分と早く着く。 50年前は、上野の夜行で11時間以上もかかったのに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジからパレットタウンへ

       (入念な調査に基づき、事実より奇なる小説に) 平岩弓枝の「御宿かわせみ」は流し読みできる。 でも、山崎豊子の長編はどれもじっくり腰を据えないと、最後まで読みきれない。 そのせいか眼底が少し痛くなったので、目の休養を兼ねてウォーキング。        (NEC本社と東京タワーと愛宕ヒルズなど) 糸魚川市…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秋の空

       (17日午前7時、台風一過の青空) やっと暑さから解放された!        (16日午前10時、北に流れる雨雲) 被害に遭われた住民の方々には申し訳ないが、 台風18号が列島を縦断したあと、 涼しい風が家の中を吹き抜けて、安らいだ空気が満ちている。        (16日午後6時、夕日を帯びた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりに屋上庭園「目黒十五庭」

       (アブラゼミ、空を飛ばんとや生まれけむ) 白露が過ぎて、ようやく朝夕に秋の気配が漂う。 といっても、大宮八幡宮の森では蝉の音がまだ喧しい。 6年間も地中に留め置かれ、やっと地上に出て2~3週間(?)、メスを求めて鳴き続け、生命をつないで、土に還っていく。 30℃を超える日がもう2波ぐらい来て、やっと秋らしい秋か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妹尾河童の「少年H」

       (がっくり、この夏も蟻退治に始まって終わる) 暑い、少しくらい雨が降ったからといって、蒸し暑い! 先月7日の小暑から大暑を過ぎ、さらに立秋も通り越して、処暑(23日)まで来てしまった。 朝方でも32℃を下らない部屋で、よく扇風機だけで耐えてきた。         (21日の満月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身辺整理の秋

         (西新宿、歌舞伎町及び新宿駅周辺の総鎮守熊野神社) 9月も半ば過ぎというのに、何だこの肌を刺す日差し、このうだる暑さ、そしてこの嘔吐を催す匂い。 夏バテで、ソースとサラダオイルの焼ける匂いにもうんざり。           (新宿駅西口ロータリーを練り歩く神輿) 穀物の収穫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二百十日、小庭のぼやき

         (この積(乱)雲が去らないと、秋の空は・・・) 新宿御苑の年間パスポート券を持っていながら、とうとう8月は行かずじまいに。 とにもかくにも、8月は子どもの肺炎と猛暑に始まって、そして終わった。          (代々木の某宗教団体会員が育てたゼフィランサス) 緊急搬送されてから3週間、 朝8時か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more