テーマ:御苑

ボランティア雑感

       (ニホンズイセン、美少年ナルシスの化身) ばばは老人ホームで外出禁止、K君は保育園を登園自粛、小庭師は軽い腱鞘炎?(左足甲に小さな腫れ)で、 ちらつく雪を眺めながら家でくすぶるだけ。         (梅のつぼみも縮こまる、剣山のような霜柱) で、またまた恥も外聞もなくブログで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老化と自信喪失

        (9日NHKも撮っていた落ち葉溜りの福寿草) 立春から10日も立つというのに雪が降ったり、乾燥した20mを超える北風が吹いたりと、気力が萎える。 で中高年は、春は名のみの風の寒さや・・・と懐かしい唱歌を口ずさむ。         (新宿御苑で餌を探すムクドリの群れ) 剣道に心技体一致の教えがあるが、元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒の入り

        (寒さに耐えるマガモの番) 新宿御苑の年間パスポートの期限が来た。 運動不足解消を兼ねて、最後のパスポート入苑をしてきた。         (母と子の森、紅葉したニシキギ) 1年間で26回、元(年間利用料2千円)は取れたが、ブログを二十四節気に作らなければ、今年は数回程度だろう。 更新せずに、ユネス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬至の御苑

        (トヨタカローラ店で試乗した後、新宿門から入苑) 今日は冬至、昼間の長さが夏至と比べて5時間近く短いという。 先月頃から、朝6時30分を過ぎても起床できないでいる。 工事が終わり、朝早くから職人さんが出入りする緊張感がなくなったせいもあるが、日の出が遅いのか。 極めて生理的なんだ。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪の御苑

        (英国風景式庭園から西方向) E君のお母さんから「今日は自分で送迎できるから」と電話が入って、育爺のお仕事はなし。 空いた時間を有効活用しようと、「大雪の御苑」へ開園の9時から入苑。         (英国風景式庭園から東方向) 18万坪の広大かつ静寂とした空間を独り占めできるのが痛快。    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小雪の御苑

        (立冬の日、「手綱植え技法」の菊の大輪) 薄日が差す小雪の午後、意を決して新宿御苑まで。         (立冬で最盛期を迎え、小雪では夢の跡) 耐震補強とリフォーム工事で9月下旬から丸2か月、どうしようもなく忙しい。 朝8時から夕方6時まで、職人さんの出入りと不自由な半棟の生活で、時間が足りない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暑の御苑

         (うちの郵便ポストに咲いた朝顔) 明日22日は大暑、しかし別の用事で新宿御苑の散策に行けない。 またしても前の日取材の「大暑の御苑」となった。           (赤鬼の柄物の褌を連想するからオニユリ?) 季節外れの低温に加えて、行ってみると、大暑ならぬ大雨の御苑。 常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芒種の御苑

         (静かな「中の池」の水面) 今日5日は何の日? 二十四節気の芒種、世界環境デー、云々。 いいや、胃の内視鏡検査の日。          (明治に渡来したタイサンボク、花の直径20cm以上) バリウムを飲むX線間接撮影で、上部大彎ポリープと中部小彎潰瘍の所見。 今度こそ胃潰瘍だなと覚悟して行ってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小満の御苑

         (5月21日午前7時32分の東方の空) 今日は何の日? 旧暦の朔日、だから「新月」で昼も夜も月は見えない。 たまたま地球と月と太陽が一直線上になって、今日は、本州では173年ぶりの金環日食となった。 国立天文台によれば、日本の広範囲で観測できたものは平安時代の1050年以来、次に今回のような広範囲で観測でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏の御苑

水・木・金と続いた雨は、5月1ヶ月分の雨量を超える記録的な大雨となった。 庭に置いてある甕の水位が、3日間で20cm上がっていてそれを物語る。 お陰で、大きな洗濯袋を担いで、風呂屋のコインランドリーまで3往復させられた。  まあ、大きな被害が出なかったのが幸い。      (セイヨウトチノキの林の木漏れ日) さて、こど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サトザクラ満開の御苑

         (花びらを塩漬けにして桜湯に使われる関山 ) 雨上がりの朝、急ぎの仕事もないので3週間ぶりに御苑まで。          (2本の雌しべが象の鼻に見える普賢象?) 排ガスや腐敗臭が漂う繁華街から苑内に一歩入ると、息が楽になる。 若葉から発散されるフィトンチドが臭いを消して、清涼感のある香りを放ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨水の御苑

         (カラスも啄ばまないムベとカリンの実) 風邪をひき、その咳のせいで股関節痛と左足膝関節痛がひどくなり、10日間も臥せってしまった。  この間、不幸中の幸いか、育爺の相手をしてくれる子どもたちも、本人や家族がインフルエンザで欠席してくれて、迷惑をかけずにすんだ。         …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春の御苑

          (お雛様と久方ぶりのご対面) お雛様を十数年ぶりに飾った(飾らせられた。) 介護と家事と庭掃除とあれこれ仕事が多い小庭師に、こんな面倒な作業、半日かかってしまった。 押入れから埃りのかぶった段ボールを運び出し、ひな壇を作って、人形に一体一体小道具を持たせて、席順を確認しながら並べる。毎日が日曜日の俺様でなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御苑までの道のり

          (世界一の乗降客数を誇る新宿駅の南口) 自宅から、新宿中央公園を横切り(昔は淀橋浄水場を廻り)、新宿駅西口・南口を経由して、御苑までの道のり、 物心がついてから半世紀以上歩き続けているが、歩き慣れることはない。 それは目の前に広がる光景、とくに新宿駅周辺が絶えず変貌しているから。           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more