連休後の新宿御苑

        (旧洋館御休所と新宿西口高層ビル群)
画像

GWも終わり、来苑者も少ないだろうと、昼寝を我慢して2か月ぶりに新宿御苑に。

        (これはベニバナカラタネオガタマ)
画像

千駄ヶ谷門に自転車を止めてパスポートを提示しようとしたら、何処かケーキ工場から漂うような甘ったるい香りがする。さっき食べた山崎製パンの「まるごとバナナ」の食べかすが顎にくっついてたかな?

今まで気がつかなかったが、券売機の隣でカラタネオガタマの花が咲いている。
標示板にはモクレン科、常緑小高木で別名をバナナノキとある。

        (バラ花壇には人ごみが)
画像

特別お目当てがあるわけでないので、「5月のみどころ」を図示したパンフレットを見ながらぶらりぶらり。
フランス式整形庭園のバラ花壇のすぐ隣にも立派なカラタネオガタマが咲いていた。

        (ダブル・デライトという大輪のバラ)
画像

趣味でないので忘れていたが、この時期はなんといってもバラだ。
赤、ピンク、黄色と色鮮やかで、中でも大輪が咲いているところは人だかり。

        (ユリノキに凭れて無心に絵筆)
画像

午後2時、気温は25℃を超え、樹間を抜けてくる風に癒される。
「もしもピアノが弾けたなら 思いのすべてを歌にして きみに伝えることだろう・・・だけどぼくにはピアノがない きみに聴かせる腕もない・・・」

        (高枝から落ちたユリノキの花に蟻さん)
画像

と、あることを思い出して温室に寄って一つ確認。

        (温室育ちのヒメヒオウギ)
画像

ありましたね。アヤメ科のヒメヒオウギが可憐な花を付けている。
まさしく小庭で、スイバミなどの雑草に混じって健気に咲いているのと同じ。

        (野生化した小庭のヒメヒオウギ)
画像

やはり花も人も、挫折や自暴自棄を経験して回り道したほうが、温室育ちより味がある。

        (枝垂れ桜の手入れ、又来年も)
画像

付け足しで、4月に受診した人間ドックの結果がきた。

これだけ体中が痛いのに、知のめぐりの悪さと、痩せすぎ(でもBMIは18.0)と、胸部X線のわずかな異常(放置可)の3点で、20年近くずーっと同じ結果。 

        (GW、姪は三国一の花嫁に)
画像

人並みに食べているのに何故? 酒量は下戸同然だが、甘味ならケーキ10個食いも。
でも油断禁物、天海祐希さんも突っ走り過ぎ。

粗雑な脳細胞の回路で知のめぐりが悪いのに頚椎症になるのは何故?
頭が重い? 美智子妃と同じ頚椎症性神経根症かな。

肺野所見のわずかな異常とは何?
ディーゼルエンジン車の排気ガスをまともに吸い込む仕事を2年間やったのが原因かな。
暴走老人が記者会見であの煤塵を振りまいたことで、排気ガス規制が厳しくなった。
スタンドプレイにせよ、小庭師が唯一拍手を送った功績です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック