いくつになっても軽率者

       (少し熟した梅1kg)
画像

6月5日に梅雨入りしてからずうっと雨続き。
このままでは、梅の実が熟しすぎて、
道路に落ちて車に轢かれて掃除が大変。

それで昨日、雨が止むのを見計らって梅をもぐ。
売り物の梅なら、黄色味がかって投売り品となるところだが、
3kgは梅シロップに、残り1kgはお向かいさんに。

       (窓辺に近いこの槇の枝の下に営巣)
画像

そして今朝、雀かヒヨドリか何鳥かわからないが、窓辺がいやに騒がしい。
この半月ほどよく鳴いていたのは事実だが、
巣箱に出入りする姿がなかったので気に留めていなかった。

       (ひなのお尻が見える?)
画像

ところが、昼になっても鳴き声は収まるどころか一段アップ。
3階から地上から、道路から小庭からと、
あちこち探し回ると、何と槇のてっぺんの枝に大きな巣。
ヒヨドリの番が交互に赤い実などを運んでいる。
で、脅かさないようにしたつもりだが、
近くに脚立をかけて、1回だけフラッシュ撮影。

       (フラッシュ撮影でこの程度なら止めておけ!)
画像

それがいけなかったのか、・・・
夕方、ヒーヨ、ヒーヨの鳴き声に気づいて庭に出てみると、
ひなが2羽地面に落ちている。
親鳥がギャーギョ、ギャーギョと頭上を飛び交う中、
巣のすぐ下の枝まで載せてあげたが、
何かの拍子で他の枝に飛び移ってしまった。

結局、1羽は行方不明で、
もう1羽は地上1mのグミの小枝で夜を過ごしている。

       (怖くないよ、今巣に戻してあげるから)
画像

明朝まで枝に止まっていられれば、親が迎えに来るかもしれない。
しかし、騒ぎを聞きつけた猫がまたやってきて、
雨に濡れて弱って落ちたところを襲うだろう。

       (あわれなり、巣立ちはまだ早くなかった?)
画像

あ~あ。なぜ、晴れるまで梅もぎを延ばせなかったのか。
なぜ、フラッシュなど焚かずに望遠レンズで撮影しなかったのか。
なぜ、野鳥の営巣を静かに見守ってやれなかったのか。
今夜は、反省と落胆と自己嫌悪に沈んでいる。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック