やっと8月猛暑とお別れ

       (若干物足りなさはあるものの、乙川の名作の一つ)
画像

ほかにやることがないので、相変わらず本を読んでいる。
しかし、大当たりの本がない。
内容が重くて読むのに時間を要したが、佐藤雅美の「覚悟の人」が中当りか。
筆者が肩入れして過大評価していることもあるが、
幕臣の中で唯一気骨のあった旗本、小栗上野介忠順の実録風小説。

       (筋を通す旗本、小栗上野介の面構えが凄い)
画像

日米修好通商条約に盛り込まれた「通貨の同種同量交換の条項」など、
これが国政レベルの条約なのかと、素人でも開いた口が塞がらない。 

       (60年以上お世話になったお風呂屋さんも廃業)
画像

世襲や家格で任ぜられた老中をはじめとする幕閣体制では、
激動の時代は乗り越えられなかった。
大政奉還は、自滅すべくして自滅した当然の末路。

       (65歳過ぎたら体を労わり、小ジョッキ2杯まで)
画像

当時の通貨事情からこの条項が通用されると、こんなことが現実となる。
総領事ハリスは、1メキシコドル銀貨1枚を一分銀3枚と交換する。
それを4回繰り返して、一分銀12枚を集めたうえで、
今度は一両小判3枚に両替(四分=一両)をする。
金の含有量で価値を比較すると、一両小判は約4ドル。
濡れ手に粟で、ハリスは4ドルを元手に12ドルを手にすることができる。
ああ~何たることか・・・ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック