テーマ:育児

柴犬来たる

   (まだ緊張している様子の藤丸、3か月のお座り) 然る事情から柴犬を飼うことになった。 毎日子犬の世話をしないといけないので、街道行脚ができなくなった。 当然、ブログも2か月以上ご無沙汰だ。    (少しは馴れたか藤丸、4か月のお座り) 金魚・メダカ・野鳥の世話どころではない。 人間の赤ん坊を育てているのと同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水無月は巣立ち、衣替え、そして田植えの好機

   (ご飯を持ってきたよと、巣箱の億ションに入居した親鳥) むっ? ジェジェ、ジュジュとかまびすしい鳴き声がしないぞ。 そうか、今朝、四十雀の雛たちが巣立っていったんだな。 しかも今日は6月1日、水無月の始まりだ。 ようし、小庭師も心機一転(いつもの言い訳!)再スタートだ。    (また餌を探しに行かなくちゃ、緑の少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月は育児爺で忙殺される

     (ネット検索で手作りした三色こま、色の組合せに美的センスが必要) 墓参り旅行から帰ったのが4月末、それがあと2日で5月も終わり、げっ! なぜか育児爺(いくじじじい)の仕事や諸事が重なって、 中山道行脚はお預け状態だ。      (重心がぴったり合って、三色こま回転中) 育児爺の予定が週7コマも組み込まれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の命日

父の十五回忌が過ぎた。 ふるさとの菩提寺で納骨した時も山桜が墓石の上を舞っていたが、命日のたびに、「良い季節に桜が散るように逝ったね」と思う。 ねかはくは 花のしたにて春しなん そのきさらきの もちつきのころ その時に植付けた藤が、この暖かさで一気に開花した。 藤棚の下近くでは、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京庭園五十三次(その二十九「馬事公苑」)

          (正門脇からのオオシマザクラ) 桜の隠れた名所はないかと、渋谷駅から東急バス「農大前」下車で JRA「馬事公苑」に行ってきました。 着いたのが午前11時過ぎで、人もまだ疎らで、満開のソメイヨシノや枝垂桜を満喫できました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more