テーマ:檜原村

檜原村の滝 ベスト20

勝手に滝遍路の結願を年末に宣言してしまったが、 ブログを振り返ってみたら、とんでもない欠落があった!  1回目に取り上げたと思い込んでいた「払沢の滝」が、 直後に母が亡くなってアップしていなかった。 今思えば、まったく余裕がなかったよな。 それと、落石の危険があるために現在は通行止めになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村の滝遍路、手前勝手に結願成就

     (滝見は水が澄む冬が良い、八割沢の滝の下段部) 実は、先月末に、今年最後の滝遍路と称して、 檜原村の最奥部、北秋川上流の藤原・倉掛周辺まで 足を延ばしてみた。 結果は無惨。目指す4本の滝はことごとく失敗で、 ブログにも書けなかった。      (4年前の滝の写真が見つからないので、通行止めの標識) 檜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝お遍路七番八番、九頭龍の滝、旧雨乞いの滝

     (今日の目的地、解説では九頭龍の滝は二段構成) 正月休みとのろのろスタートで、育爺いのお呼びはなし。 ちょうど晴天、たまには澄み切った空を眺めてこようと、 道路の凍結が心配で中断していた滝遍路を再開。      (青い空と数馬の里の兜家旅館) 中央高速を八王子で下り、サマーランド前を経由して、檜原街道を行…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

滝お遍路 六番「吉祥寺滝」

     (吉祥寺滝の立て看板) 冬将軍の到来で、檜原村の「滝お遍路」は、 先週の「天狗滝・綾滝」をもって店仕舞い。 と、言っておきながら今週も本宿にある「吉祥寺滝」へ。      (檜原街道の橘橋には明治創業の橋本旅館と食堂たちばな家) 今朝の育爺いの仕事が、「1週早めに自主的な冬休みに入ります」とのことで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村の滝遍路No.3~5(小天狗滝・天狗滝・綾滝)

     (天狗滝・綾滝の説明看板) 小天狗滝・天狗滝・綾滝、あまりの美しさに天にも昇る心地。 軽装で、そのまま馬頭刈尾根の「つづら岩」まで登りきってしまった。 標高930mぐらいか、ふっー、さすがに疲れた。 帰って調べたら、綾滝からつづら岩まで、 文字どおり九十九折(つづらおり)となった岩山の急坂を 40分かけずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大岳山の大滝と鍾乳洞

     (朝陽に煌めくススキの穂) N君のおばあちゃんが上京して来て、 幼稚園の送迎を代わってくれたので、 小庭師は1週間お役御免に。      (大岳沢を渡って、先へ続く登山道) 好天続き、家でゴロゴロするのはもったいない。 檜原村の「滝お遍路」を再開するべく、その第2弾出発。      (大滝・鍾乳洞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹は難しい

       (挑戦したが、脳足りんで、ハルキストになれず) 37年前に初めて足を踏み入れた檜原村。 雉と猿と猪と一緒の「狐狸庵」生活は夢に終わったが、 9月から始めた撤退作戦は、無事故・無負傷で10月末完了。 畑はほぼ原状回復できた、というより植物学上は山林に遷移(笑)。        (秋川に架かる秋留橋から大岳山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みをつくし料理帖、ついに完結「天の梯(そらのかけはし)」

       (みをつくし料理帖、ついに完結編) 図書館の蔵書検索では、どこの館でも常に貸出中。  とうとう待ちきれずに、なけなしの小遣い620円を叩いてしまった。        (移転後更に繁盛、檜原村払沢の滝入口の豆腐屋さん) どのような料理人を目指すのか。 行き悩んでいた時に、想い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の変わり目は要注意

       (早起きしているのに3回連続で事故渋滞に巻き込まれる!) 夏から秋へと急な変わり目のせいか、 人生の一大転機の処理がようやく済んだせいか、 体調が枯渇?萎縮?衰弱?(うまい表現がない)してしまった。 今時亡くなる方も多いなあ。         (八王子までの中央高速道、祟られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村の尾根みちを行く

       (第1カーブで、一発クラクション!) 檜原村に足を踏み入れて、ちょうど36年が過ぎた。 休日には、仕事を離れて自然の中で息抜きがしたかった。        (第2カーブの頂点) 五日市街道を西へ西へと愛車を走らせて、自宅からきっかり2時間、 着いた地点がここ檜原村、小岩の羽根撞橋。       …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村の水源清掃

       (何百年ここで村人を見守ってきたのか) 今日は、部落の水道施設の清掃日。 5時起きの6時出発で、中央高速道を疾駆する。 7時20分に到着し、道路端で身支度し、山道を登る。 杖をつきながら、一歩また一歩と慎重に足を運ぶ。        (林の中で見つけた可憐な花は、リンドウの一種か?) 膝関節症が再発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜原村で水源清掃

        (標高600m、半月ずれてツツジが見ごろ) 春定例となっている簡易水道組合の清掃作業があって、檜原村へ。          (これより奥地は渋谷区から一泊旅行に?) 5時ジャスト、目覚まし時計とケータイがほぼ同時にアラーム。 6時に車庫を出発。中央高速を定速80kmで走行し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の桧原村

         (奥多摩三山の一つ、大岳山の前衛の峯) 今日は順延されていた簡易水道組合の水源の定期清掃日。 朝5時起床、6時出車、中央高速道を利用して7時40分いつもの駐車場所に到着。          (沢の日陰斜面に多いヤマアジサイ) しかし、集合場所の水源は、ここから小庭師の方丈庵(物置?)のさらに先、御前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の秘境檜原村の春

         (今日は渋谷区檜原自然の家で宿泊) 1週間前のことになるが、GWを前に、一足お先に東京の秘境「桧原村」を旅行した。 本年度の承認番号1番の利用承認書を持って、「渋谷区檜原自然の家」に宿泊。          (北秋川沿いの邸宅の枝垂桜) 標高差100mに付き0.6℃気温が下がるといわれるが、標高40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more