テーマ:映画

もう啓蟄?、でもまだ早春賦が似合う風の寒さ

     (主題歌の「手紙~拝啓十五の君へ~」も打ってつけ) 先月は映画「悼む人」、昨日は新宿ピカデリーで「くちびるに歌を」。      (甕の中、3か月全くメダカの姿がなかったのに・・) 身持ちの悪い父親に二度も捨てられる合唱部の女子部長、 自閉症の兄に寄り添いながら練習を続ける美声の男子部員、 生まれ出づる悩み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春(熱血・葛藤・直情)小説で若返り

     (「風が強く吹いている」を読んでる最中、箱根駅伝応援に) 食っては読書、また食っては録画のテレビ、最後も食ってはゆったり風呂の毎日で、 ズボンのウエストがきつくなるばかり。 これから洋服リフォーム店に行って、サイズを3センチ広げてもらわないと。      (三浦しをん「風が強く・」、箱根駅伝は青春の記念碑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜は短し 歩けよ乙女

       (この表紙、そういえば数年前に新聞広告でよく目にしたな) いやあ!実に面白い恋愛小説に出くわした。 これは絶対直木賞ものかと思ったら、そうではなかった。 調べたら、この森見登美彦の作品は、2007年の本屋大賞で僅差の第2位。        (みをつくし料理帖読了のご褒美に、新宿で「蜩ノ記」) まあ出版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「獅子の城塞」と「柘榴坂の仇討」

       (ネーデルラントの旗が翻るレンガ積の堡塁?) やっとこさ佐々木譲の大河小説「獅子の城塞」を読了。 左目がゴロゴロしてまぶたが重かったり、 右目の白目がまた内出血したりと、丸1週間かかってしまった。        (日本橋本石町に聳える¥の城塞、まさに鉄壁) 安土城に飽き足らず、それ以上の城下町を企てる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋は読書に、映画に、食欲に、・・・

       (今は消滅した古式捕鯨を迫力ある筆致で描く巨鯨の海) 9月に入って伊東潤「巨鯨の海」、澤田瞳子「日輪の賦」、葉室麟「陽炎の門」と連続ヒット。嬉しいな。         (都庁舎は拉致被害者救出を祈願し青でライトアップ) 死と隣り合わせの危険な古式の捕鯨漁。 しかし捕鯨漁は、紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妹尾河童の「少年H」

       (がっくり、この夏も蟻退治に始まって終わる) 暑い、少しくらい雨が降ったからといって、蒸し暑い! 先月7日の小暑から大暑を過ぎ、さらに立秋も通り越して、処暑(23日)まで来てしまった。 朝方でも32℃を下らない部屋で、よく扇風機だけで耐えてきた。         (21日の満月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジブリマジック「風立ちぬ」

        (前回載せそこなった小庭の紅の大輪) 施設の子どもたちに映画をいくつか勧めたこともあって、1本くらいは見ておこうと思い、新宿バルト9で、宮崎駿の原作・脚本・監督「風立ちぬ」を鑑賞。 「塔の上のラプンツェル」、「レ・ミゼラブル」など、そのたびに可愛いお手紙をもらえるのが楽しみで、下心見え見えでお誘いしている。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more